FAXのご注文用紙はこちら

お支払方法について

送料・配送について

文化学園
オンラインショップ営業日
1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
             
2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
             

なるほど学園ショップ - 初心者からプロまで使える洋裁道具の便利な使い方 -

アイロン仕上に欠かせないプレス用品 プレスボール編

アイロン仕上に欠かせないプレス用品 プレスボール編
洋服を立体的に形作るためには、プレスが仕上がりのよしあしを決定すると言われています。使用する素材に適した温度と湿気、圧力をバランスをよく調整して、布の風合いを損なうことのないようにアイロンをかけなければいけませんね。

プレス用品は各種ありますので、使用目的に合わせて使い分けると立体的な服作りが期待できます。

文化服装学院では、洋服を作る基礎科や服装科といったコースの入学時で揃えるセットの中に、必ずこのプレスボールを用意することになっており、在学中は欠かせないアイテムの1つといっても過言ではないでしょう。洋裁の初心者の方でもプレス次第で洋服の見栄えが大きく違いますのでお勧めしたい一品です。

[プレスボール]
胸・腰・肩など立体感のある部分の縫い目のアイロンかけや、芯貼り、表布と裏布を重ねて合わせる場合に大変重宝します。中には湿気を吸収する木くずも入っています。

プレスボールの商品詳細へ

[袖まん]
腕の形をしたプレス用具で、袖の縫い目、パンツの縫い目など、筒状になった縫い目のアイロンかけに主に使用します。その他袖山のいせ込み、短い縫い目のアイロンかけにも使用します

袖万No.28の商品詳細へ


この記事を保存・友達に教える 

Share |






ページトップ